健康増進クリニック「水上治」院長にお話しを伺いました。健康増進クリニックは千代田区にあるがん・難病・健康促進など、あらゆる相談や治療に対応しているクリニックです。

動画で見たい方は、以下の動画をクリックしてください。

 

施設名 健康増進クリニック
院長 水上治
医療科目 内科 (がん・難病)
電話番号 03-3237-1777
所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南4丁目8−21 山脇ビル 5F
地図

水上治先生の医療に関する哲学は?

病院での勤務医、また開業医として、半世紀ほど内科の患者さんを診てきた。

その中で、医療に関する基本的な哲学は何かと聞かれると、我々医者は目の前で困っている患者ひとりひとりにあらゆる形で寄り添うしかない、と答えざるを得ない。

重い病気の人に、あっという間に治っていただくことは難しい。

しかし、全身全霊でその一人の患者に心寄り添うことはできる。

だからこそ、我々医者に相談していただき、少しでもほっとして、安心して、少しでも幸せになってくれたら、私たち医者の意義が少しは満たされると思い努めてきた。

主に診療してきた患者とこのクリニックでの対応は?

約9割の方が進行がんで、残りの1割がそのほかの難病の方。

ほとんどの方が、このクリニックに来るまでに、さまざまな病院で西洋医学的な高度な医療を体験されている。

それでも、もう一息うまくいかないといったような方が、ここに相談にくる。

私自身、西洋医学の医者なので西洋医学は尊重しているが、どんな医学・医療にも弱点があり、完ぺきではない。

新しい治療は、効果があるというエビデンスが上がり、政府が承認するまで積極的に進めることができない。

そして、現状の標準医療では、その弱点は残さざるを得ない医療の隙間であるとしている。

しかし、私はそうは思わない。

世界中のあらゆるドクターがその隙間を埋めるべく、日々努力を重ねている。

その医療の隙間を開けたままにしておくか、新たな医療に挑戦するかを患者と十分に話し合ったうえで、患者が望めば、新しい医療に挑戦していくというスタンスでやってきた。

もちろん、結果はさまざまで限界もあるが、患者とともに挑戦するプロセス自体が重要であると考え、心がけてきた。

再生医療に対するビジョンは?

今まで、日本で可能なあらゆる治療の可能性を探り、試みてきた。しかし、実際にはもう一息のところで効果が不十分であるという経験が多々あった。

その半世紀近い医師としての苦闘の歴史の中で、この10~15年程前に遭遇したのが再生医療である。

iPS細胞をはじめとする、いわゆる万能細胞やその刺激物質を体内に入れることで、欠損していた細胞を再生できる可能性があるというものだ。

医師として多大な興味を持ったが、残念ながら我々一般臨床医の手近になかった。

ところが最近では、その再生医療に気軽にアクセスができるようになった。

再生医療は、今の私にとって最大の関心事であるといえる。

私の洞察・直観に加えて、今までの臨床体験・知識を総合的に考えてみると、本当に優れた万能細胞が体内で活躍すれば、ほとんどあらゆる病気がよい方向へ行くのではないかと期待している。

それほど大きなパワーが、再生医療には秘められている。

そのため、より手近に、気軽に私たちが実行できたらいいなと願っている。

再生医療の今後の課題は?

我々医者の原点は困っている患者のために最大限努力をすることである。それが医療の発展につながる。

しかし、例えば法律というものは、かなり前に制定されたものであるため、現状に則さない部分がしばしばある。

もちろん我々は、遵法精神で試みるが、もしも現状に比べて古い部分があればそれは改正していくべきだと思う。

法律があって患者がいるということではなく、困っている患者がいて、そのために法律があるのだから、患者が困るような法律の規制があるとすれば、撤廃する方向も十分に検討されるべきである。

再生医療業界に期待することは?

「ある病気がこの治療法で治癒に至った」ということを証明するのは、非常に難しい。

さまざまな交絡因子があり、関係のない因子が混ざりこむことがあるため、エビデンスをとることが難しいのである。

したがって、まずはたくさんの方々によい体験をしていただき、症例の重なりを作っていくことが重要である。それを統計処理していくのは、あとの話である。

私にとっては、目の前のひとりひとりの患者の役に立っていくことが原点である。

それを見て、仲間のドクターが自分たちもやってみようと続く動きが出てくれば、エビデンスはあっという間に集まってくる。

まずは困っている患者に寄り添い、あとに続く仲間の医師を増やしていく。そうすることで、統計の処理やエビデンスレベルを高めることが期待できる。